Lowepro(ロープロ)ドローン用バックパックが優れている3つの理由

カメラマン御用達バッグブランドであるLowepro(ロープロ)からドローン用バックパック「ドローンガード BP 450 AW」が発売。

その優れた3つの点を共有したい。

写真は下記公式websiteからの引用

1. 様々なドローンを格納可能

内部の仕切りを調整することができるため、色々な種類のドローンを収納できる。WebsiteによるとDJI Phantomシリーズや3DR Soloは少なくとも収納できるようだ。これは数種類のドローンを扱うドローニストDronistにはとても魅力的な収納力だ。タブレットを収納できるスペースも確保されているので、タブレットを撮影に使用している人には重宝するだろう。

2. 丈夫なフォームシェル素材

バックパック内部は柔軟に調整可能な一方で、外側はフォームシェル素材でできている。DJIからリリースされているハードタイプのバックパックと同様の素材だ。ドローンの撮影では自然の中に入り込んでの撮影もあるため、予想外の衝撃からデリケートな機材を守ることも念頭に置きたい。加えて足場が悪い場所での撮影には、ハードタイプのバックバックそのものを発着ポイントとして利用することも可能である。いざというときの手段だが、ぼくは結構そういう使い方をして助かったことが多い。

3. 小物収納用ポケット

バックパックの横にはジッパーポケットが備わっている。ペットボトルの飲料くらいであれば簡単に収納できるだろう。これも撮影時の移動を考えると大変ありがたい機能だ。さらにバックパック上部にも収納ポケットがついている。写真を見る限りサングラスや薄手の衣類といった小物類は十分収納できそうだ。撮影のときはとにかく身軽が一番である。サブバックを色々と持つ必要なしに、このバックパックだけで十分必要なモノは運べるだろう。

 

価格が59,940円と少々値が張るのが気になるところだが、既存ドローンの将来のモデルチェンジや新規ドローンも(よほど大きさが変わらない限り)収納できることを考えると長く使用できるだろう。多種多様なドローンを扱うドローニストには買いだ。

 

<公式Website>

http://www.hakubaphoto.jp/news/530/

ハクバ写真産業株式会社の公式Websiteではオンライン販売も行っている。オンラインだと価格が1万円ほど安いのでお買い得だ。尚現在のところ海外への発送は行っていない。

広告

2 Steps to fix error when uploading from iMovie to Youtube

iMovie youtube error

This memo is to remind everyone when iMovie generates error “username or password is incorrect” while uploading to Youtube from iMovie.

Error: “username or password is incorrect”

error

Please try the following 2 steps. Everythings worked fine to me after #1 only.

1. Go to URL below(Google page) and turn on “Access for less secure apps”.
That’s all. After this, It worked fine for me.

google.jpg

2. Try to login by Gmail address and Gmail password.

If you have already linked Youtube account with Gmail account, try to login by Gmail account email and password.

If error occurs even after step1&2, try to google other cases. In my knowledge, these 2 steps fix most of errors.

iMovieからYoutubeへのアップロードエラーを解消するための2ステップ

iMovieからYoutubeへ直接動画をアップロードする際のエラー「ユーザネームまたはパスワードが間違っています 」の解消方法を備忘として残しておく。

エラーメッセージ「ユーザネームまたはパスワードが間違っています 」

error

上記エラーが発生した場合は以下の2つのステップを実施してみてほしい。

ぼくの場合は1のみで解消した。正直こんな簡単なことでエラーになるのかというほどだ。

1. 以下のURL(Googleのページ)へアクセスし、”Access for less secure apps”の設定をONにする。

これだけ。

https://www.google.com/settings/security/lesssecureapps

google

2. Gmailのメールアドレスでログイン

1をONに変更しても同じエラーが発生する場合は、iMovieでYoutubeにアップロードする際のポップアップスクリーンで、Youtubeログインに使用しているGmailのメールアドレスとパスワードでログインを試みて欲しい。上手くいくはずだ。

上記でエラーが解消されない場合は、Googleアカウントの2段階認証の設定等がエラーに関係していると思われるが、ぼくの知識ではないので、ご自身で検索してみて欲しい。

ドローンは空飛ぶカカシとなりうるか?// Can Drones be a Scarecrow?

今週はインドに来ています。

デリーの空港から目的地まで何もないだだっ広い土地を高速道路で1時間半。

遠くに見える田んぼをただ何となく眺めていてふと頭をよぎった。

「ドローンを”かかし”として使えないか?」 “ドローンは空飛ぶカカシとなりうるか?// Can Drones be a Scarecrow?” の続きを読む

鷹がドローンを捕える日

Drone eagle

この鷹のドヤ顔見てください。素敵ですね。

 

 

ドローンが進化すればそれを捕まえる技も同時に進化していくだろう。

オランダ警察が不正飛行のドローン捕獲のために鷹を訓練中。

ただしプロペラで鷹が傷つく可能性があるとのことから、はたしてそれが良い方法なのかの是非を再検討中。数ヶ月以内に最終的な結論を出すとのこと。

たしかに動物愛護団体からクレームが来そうですよね。

しかしこうして飛んでいるドローンを捕獲できるまでになるなんて、鷹は偉いですな。

バンコクのPhantom3の価格がもはや日本より安いという事実

Phantom4の発表があってから米国Amazon.comや各販売店でPhantom3の値下げのニュースを目にしましたが(米AmazonではPhantom3 Professionalが日本円で10万円を下回っている。2016年3月23日時点)、ここバンコクでもついに値下げとなりました。

先日バンコクのDJI Phantom商品正規販売店であるPhantom Thailand(ファントムタイランド)のWebsiteを見ていたところ偶然発見。

下の写真がその価格。

<Phantom Thailand Website>
http://www.phantomthailand.com/en/home/

 

Phantom Price
*写真はPhantom Thailand websiteから

Phantom3:

Professional : 38,500THB(123,000 円)

Advanced : 31,500THB(101,000円)

Standard : 20,200THB(65,000円)

<レートは2016年3月23日時点>

日本のDJIオンラインストアでのProfessionalの価格がまだ14万円以上しますから、本体価格だけ見ると日本より安いですね。

もちろん日本の価格は賠償保険付きという点は考慮する必要がありますが。

Standardは6万円台ですからね。
ドローンやってみたいけど、初めてだし、上手く飛ばせるかわからないし、こんな高いものをもし墜落して壊したりでもしたら。と躊躇している人にとってはStandardは価格面で魅力的です。

興味があるかたはバンコクに旅行するついでに一度Phantom Thailandへ足を運んでみてはどうでしょう?

Phantom Thailandへのアクセス方法はこちらの記事で紹介

 

DJI Phantom3で撮った空撮動画をHDDハードディスクに保存する方法

HDD

先に結論書いてしまいます。
メモリーカードリーダーでSDカードを読み込むのが唯一の方法です。


先日知り合いから素朴な疑問をもらったので紹介。

「Phantomで動画撮ったんだけど、自分のパソコンにはどうやったら保存できるの?」

そうなんです。
これってとても基本的なことなんですが、意外とどこにも書いてなかったりするんですよね。

せっかく撮った空撮動画。自分のパソコン(PC)に取り込んで編集したり、バックアップしておきたいですよね?

やり方はとても簡単。Phantom3の付属品であるUSBケーブルでPhantom本体とPCをつないでみてください。

はい、残念ながら何も起きません。

実はこの方法ではダメなんです。

 

カードリーダーから読み込むのが唯一の方法

Phantomに差し込んであるSDカードをSDカードリーダーで読み込むのが唯一撮影した動画をHDDハードディスクに保存する方法です。

ということでおすすめのカードリーダーはこちら。

Kingstonから出ているUSB3.0対応のSDカードリーダーFCR-HS4 

41VZhan4QwL._SL160_.jpg

これはMicro SDのみならず通常のSDカードも読み取り対応可能なので便利です。

これ1台あれば他のリーダーは不要でしょう。

ぼくも最初Phantom3を買ったばかりの頃まったくわからずネット調べまくりました。

あまりPhantomの日本語の情報ってないので英語のサイトが中心。思ったとおり似たような疑問を抱いている方がたくさんいました。
いろいろなコミュニティサイトを見てみましたが、今日ご紹介したカードリーダー方法が唯一の方法です。
ちなみにぼくと同じでPhantomと pcつないだけど何も起こらないぞ?という人いっぱいいました。

そりゃそうですよね。

普通に考えたらUSB入ってるし、繋ごうと思います。はい。

ですがUSBで繋ぐのはPhantomのファームウェアをアップデートするときのみです。

これはまた次回ご紹介。

Phantomのバッテリー充電2つのポイント

Battery

みなさん、Phantomをはじめとする空撮用ドローンのバッテリー、いつ充電していますか?

バッテリーの充電は撮影終了後の充電。撮影前日の再充電がオススメです。

1.飛行終了後の充電

ぼくは普段撮影が終了するたびにその都度使用したバッテリーを充電するようにしている。

いざ次の撮影をしようと思ったときにすぐに行動に移れるからだ。

「今日ドローン飛ばしてみようかな」

「あっ、でも充電してないや」

なんてことになったらそこから少なくとも2時間の充電待ちの時間が発生する。そうこうしている間に撮影したい、飛行させたいという思いは徐々に薄れていってしまう。

そういう状況を避けるためにも、毎回の飛行が終了したら使用したバッテリーを充電しておくのがオススメだ。

2. 飛行前日の充電

事前の飛行申請などで、ドローンを飛ばす日程が決まっている場合はさらに飛行前日の充電をオススメする。

なぜか。

前回飛行、充電した後から時間が経っている場合(1週間くらい)はすでに充電が少なくなっているからだ。

バッテリー内部に蓄電された電気は少しづつ自然に放電される。満タンだと思っていた飛行させていたら実はバッテリーがすでに半減していたなんてことも起こる。

DJI Phantom3の場合フル充電での飛行時間は約25分。しかし前回のフル充電から1週間経過している場合、正味飛行時間は20分程度になってしまう。

実際に飛行を始めたらダッシュボードに表示されている残りの飛行時間がすでに減り始めていた、ということをぼくも何度も経験した。

せっかく撮影ポイントに来たにも関わらず、15分程度の撮影で泣く泣く終了という事態は避けたい。(ちなみにダッシュボードに残り時間5分と表示されていても残り時間目一杯飛行させるのは危険ですので避けましょう。)

より長く、より安全に飛行させるためにも

<飛行終了後充電、飛行前日充電>

をオススメする。

インドデリーの空港でドローン目撃

2016年3月13日日曜日、インドニューデリーの空港滑走路上空をドローンらしき物体が飛んでいるのが発見され、空港の関係者をパニックに陥れたという事件がインドの新聞に載っていました。

当局が対応する前に姿を消してしまったため、本当にドローンだったのか、誰がどんな目的で飛ばしていたのかなど詳細な情報は不明なままです。

Phantom4 バンコクに着陸! Phantom4 has come to BKK!

先週末に偶然Phantom Thailandの近くを通ったので、ちょっとのぞいてみることにした。Phantom4は4月半ば入荷予定という連絡もいただいていたので、何か情報があるかもしれない。

Shopが入っているビルの6Fまでエレベーターで上がる。店のドアを空けるといつもの事務担当の女性が受付に座っている。

「Phantom4はいつ入ってくるの?」

と先日連絡を受けたにも関わらず聞いてみる(笑)。

「Display only」

何のことかと思い、ふと右手を見る。なんとそこにはPhantom4が展示されている。

滑らかな光沢に包まれた白の機体が、展示用のライトを下から浴びて煌煌と佇んでいる。

こうして下部からの光を受けた状態で接写すると何とも威風堂々とした出で立ちである。

1

 

こちらは正面から。カメラのカバーは足と一体型になっていた。2

続いて上から。Phantomよりボディの光沢があるのがお分かりいただけるだろうか。3

 

実際に手に取ってみても機体の感触はPhantom3のそれとくらべて滑らかである。Phantom3は指の腹で機体を触ると少しざらっとした手触り、摩擦を感じるが、Phantom4はツルツルとしている。

6

そして箱。Phantom3の箱と同じくらいの大きさ。

そういえばPhantom3のように、Professional, Advanced, Standardといったグレードは今のところ存在しない。

今後別途リリースの予定はあるのだろうか。4

最後はキャリーケース。これは重要ですね。5発砲スチロールでできているのでとても軽いです。ただ持ち運び用というよりかは収納用の箱という意図で作られているという感じがします。Phantom4用のバックパックは今のところリリース予定はないとのこと。3のがそのまま使えるのだろうか。DJIさん、ご検討よろしくお願いします。撮影で持ち運ぶときにはバックパック本当に重要なんです。

Phantom4のアップデートはまた追ってご連絡します。