世界一危険なドローン?

田畑への農薬散布、不審人物の監視、はたまた荷物の配送まで、ドローンの技術と活用例は日進月歩で進んでいるこの世界ですが、これはすごいです。

ぼくはこれを見たとき人間のたくましさというか、「人間ってすごいな」と、こんなこと思いついてしまうんだ。不可能なんてないんだと。そう思いました。

こんなもの取り付けようなんて考えた人がいたんですね。もう何でもありかもしれません。

 

舞台はフィンランドの農場。

この極寒の地で暮らすある農夫たちが、ドローンに”あるモノ”をとりつけます。

寒さの厳しい土地での暮らしをよくするためにはどうしたらいいか。考えた結果生まれた発想なのかもしれません。

ドローンから撮影された動画のフレームには”あるモノ”がのぞいているのですが、これがかの有名なジェ〇ソンを彷彿とさせます。

でもって最後はこれまた意外なものにぶつかってあっけなく地面へ。。

 

でも雪だるま可哀想。なんでこんな撮り方したんだろ。

 

<Source>
Crazy Finnish farmers soup up drone with an attachment that you have to see to believe

ちなみに動画の中で使用しているドローンはDJIのSpreading Wings S900ですね。おそらく。

 

 

広告

世界一危険なドローン?” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中