米航空連邦局 商業ドローンの都市部飛行許可に向け検討開始

アメリカ航空連邦局の委員会がドローンの都市部での商業利用を許可するための推薦書を当局に提出。
ドローンのビジネス参入に向けた大きな一歩となりそうだ。

アメリカではFAAにより都市部人込み上空での商業用ドローンの飛行が禁止されている。そのためamazonのようにドローンで荷物配達を検討している企業はその経路から都心をはずさざるを得ない。

推薦書は先週末に提出され現在はレビュー中とのことだが、この検討の結果現行の法律が変われば米amazon.comのドローン配達サービスをはじめとする各種ドローンビジネスの発展に大きく寄与するだろう。
また他国の法規制緩和にも大きな影響を与えることが予想される。

Source
http://m.sfgate.com/business/article/FAA-panel-advises-OK-on-commercial-drone-flights-7230242.php

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。