はじめて購入するドローンにはDJI Phantomをおすすめする3つの理由

前回”ドローン購入をためらっている人へ。購入をおすすめする4つの理由“という記事を書きましたが、それに関連して、

「じゃあ実際に購入する場合、どんなドローンを買えばいいのだろうか。」

今日はその点を考えてみたいと思います。

 

ぼくが最初に購入したドローンはDJIのPhantom3 Advancedという機体で、今もそれを使用しています。

他にPhantomのように高価格ではないドローンも試したことがありますが、飛行そのものが安定しなく飛ばすのに結構苦労しました。ラジコン飛行機のようなイメージでしょうか。それ以来あまり使用していません。

 

ということでDJI Phantomをオススメする3つの理由を考えてみました。

 

1.初心者でも簡単に安定飛行できる

ここでいう安定飛行というのは、機体を離陸、上昇、前進後進、下降、着陸するのに機体のバランスを意識する必要がないということです。PhantomにはGPSの他にビジョンポジショニングシステムというセンサーが取り付けられているためパイロットが操縦しなくても自動的に機体のバランスを保ってくれるのです。それによってパイロットは2本のレバーを倒すだけで思いのようにドローンを動かすことができるのです。ドローンが自律飛行と言われる所以でもあります。

 

2.操縦が簡単

はじめに少し触れた通りラジコン飛行機って結構操縦が難しかったりします。ちょっとでも操縦桿を倒しすぎるとビューンとスピードが出てしまったり、機体のバランスを崩したり。なによりその場に停止するホバリングするのはかなり難しいイメージがあります。
でもPhantomはそんなことはありません。離陸は基本操縦桿のレバーを上げるだけですし、前に進みたいときは別の操縦桿を少し前に倒すだけ。それでゆっくりと前進していきます。その場に停止して空からの景色を楽しみたければ操縦桿から手を離すだけ。それでドローンはその場にじっと停止しています。本当に簡単です。

3.高機能カメラが標準搭載

Phantom3シリーズには予め機体に高機能カメラが標準搭載されています。
廉価モデルであっても1080p 60fpsのHD動画の撮影が可能です。映画のようなワンシーンが誰でも簡単に撮れてしまうのです。
巷にはDJI製品のような高価なものからそれこそ1万円以下で買える低価格のものまでさまざまなモデルが溢れています。ですがぼくは初めてドローンを購入する人には以上の理由からPhantomをおすすめします。
ぼくも経験があるのですが、あまり安いドローンは安定して飛行させることそのものが難しかったりするために飛ばすことの面白さを味わう前に挫折してしまう可能性が高いのです。
安定して飛行することができなければ空撮することもかなわなくなってしまいます。それでは本末転倒ですよね。

DJIの他、3DR roboticsのSoloやParrot社のBe popという3大大手メーカーの製品であれば概ね同じ性能を備えていますので上記の懸念はありません。

初めてだからこそ、ちょっと値が張っても良い機体を購入してドローンの楽しさに目覚める、そういった体験を少しでも多くの人が得られればと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。