UberEatsでタイ バンコクの自宅にいながら有名レストランの味を堪能!!

何度かこのブログの記事でも取り上げている白タク配車サービスUber. 移動の足を求めている人と空き時間に自家用車で移動手段を提供する人を結びつけるサービスです。

日本では自動車2種免許の壁があり実現されていないものの、タイバンコクでは一般人ドライバーがお客さんを目的地まで連れて行く白タク配車サービスが大流行り。タクシーよりも安い料金かつGPSナビゲーション機能により目的地まで迷わずにいけるため非常に重宝しているサービスです。

そんなUberが1月17日タイバンコクでフードデリバリーサービスUberEATSを開始したと聞き、早速どんなものなのか試してみました。

 

UberEATSとは

まずはUberEATSとは何かをもう少し詳しくみてみましょう。

UberEATSは配車サービスUberが手がけるフードデリバリーサービス。2014年8月、アメリカサンフランシスコ州 サンタモニカでUberFRESHという名称で産声をあげました。2015年4月にそのサービス名称をUberEATSと改め、スペインバルセロナ、アメリカシカゴ、ニューヨークへサービス提供エリアを拡張。その後も対象エリアを拡張し、日本へも2016年9月に上陸。今では世界50都市でサービスを提供しています。(2017年1月現在)

そして2017年1月タイの首都バンコクでもサービスが開始されました。

 

使い方

使い方はとても簡単です。

まずはアプリをダウンロード。iOS、アンドロイド共に対応しています。配車アプリであるUberとは別アプリになっているのでUberをすでに持っている人も別途ダウンロードが必要ですが、Uberと同じアカウントを使用することができますので、すでにUberの支払い用に登録しているクレジットカード、デビットカードなどを利用することができます。

 

以下がログイン後の最初の画面。

UberEATSのサービスに加盟しているレストランの名前が美しい料理の写真とともに表示されます。これを見ているだけでも食欲がそそられますね。

uberlogin.jpg

興味のあるレストランをクリックすると、提供されているメニューが一覧表示されます。

今回はもちろんタイ料理レストランをセレクト。プーケットタウン(Phuket Town)というタイ料理レストランです。

uber5.jpg

 

提供されているメニューの中から注文したいものをクリックします。今回は好物の一つであるマッサマンカレーを選択。そうすると注文数量を入力することができるので、ここでは1と入力し、”UPDATE CART”をクリック。

uber4.jpg

 

他に注文したいものがあれば同じ要領でメニューを選択し、注文数量を決定します。

注文が終了したら”CHECK OUT”をクリック。すると注文確認画面に移ります。

今回はマッサンカレーに加えてソムタム(パパイヤサラダ)を注文。画面上部に配達目安時間が表示されます。25分から35分以内で配達予定とのこと。

uber6.jpg

 

合計305THBで、配送料込みです!

自宅にいながらこうしてレストランのメニューが注文できて配達までしてくれる。安くないですか?

これレストランで実際に食べる時の値段と変わりませんよ。

 

注文を確定する場合は”PLACE ORDER”をクリック。

これで注文が確定し、レストランにオーダーが入ります。もちろん支払いはUberEATSのアプリに登録したクレジットカード、デビットカードで完了済み。

すごい。。。

 

配達までの時間は? 時間通りに来るの?

注文を確定すると以下のような画面とともに配達予定時間が表示されます。

今回はおよそ30分後の午後4時5分に到着予定とのこと。

注文のステータスは、料理準備中、配達中、到着といったステップごとに表示されますので、自分の注文が今どの時点にあるのかも知ることができます。

uber8.jpg

 

そして調理が終わり、配達の準備が整うと今度は以下の画面に切り替わり配達ドライバーさんの名前と顔写真が表示されます。注文先のレストランから配達先までの地図も表示されるので、今ドライバーがどのあたりにいるのかも確認可能です。

この辺りは通常のUberと同じですね。

配達はHondaのスクーターScoopy iで来るとあります。

uber10.jpg

 

そして待つことおよそ30分。

画面がまもなく到着のステータスに変わったので自宅コンドミニアムのエントランスに降りると、ちょうどUberEATSの紙袋で配達に来たバイクが到着!

時間通りの配達です。

こんな感じの紙袋で配達されます。おしゃれですね。

uber11.jpg

 

 

利用可能時間は?

ざっと登録されているレストランの利用可能時間を調べて見たところ、だいたい午前10時から午後10時までというところが多いです。デリバリーを頼む時間帯としては十分ですね。

その時間に利用対象外となっているレストランはCLOSEと表示され、何時から利用可能かどうかも表示されます。

uber 3.jpg

 

利用可能レストランは100以上

2017年1月17日現在、登録されているレストランは100以上。

でもこんな便利で美味しいサービス、広がらないわけがありません。

きっとどんどんとUberEATSを利用可能なレストランができることでしょう。

 

なお、レストランを探すときは料理のジャンルで検索することもできます。

さすがは国際都市バンコク。

タイ料理はもちろん、イタリアン、バーガー、日本食、フレンチといったメジャーところからインド、レバノンといった各国様々な料理のレストランが登録されています。

uber7.jpg

 

いかがでしたでしょうか。

まだバンコクで始まったばかりのこのサービス。

皆さんもぜひ一度試してその便利さ、お手軽さを体験してみてください。

 

それでは最後にUberEATSバンコクでのローンチ記念ムービーをどうぞ!

ドローンで撮影されたバンコクの街並みも堪能することができますよ。(今回の記事はここだけドローン関連でした。)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。