ニュージーランド南島地震の被害を捉えたドローン空撮映像

2017年11月に起きたニュージーランド南島を震源とするマグニチュード7.8の大地震。

停電や土砂崩れ、地割れなど多くの被害をもたらしました。

地震による被害の一つである地割れの状況をドローンで空撮した映像がabcニュースによりYoutubeに公開されています。

 

ニュージーランドにある大きな活断層の一つであるKekerengu断層。その断層に沿ってできた地割れは調査によれば長さ30キロメートルにも及ぶとされています。

Screen Shot 2017-04-04 at 20.58.20.png
Youtubeに投稿されたabcニュースの映像より

 

丘の上にできた地割れはまるで蛇のように地面をうねりながら続いています。

Screen Shot 2017-04-04 at 21.14.41.png
Youtubeに投稿されたabcニュースの映像より

 

調査によると地割れは幅10メートル、深さ2メートルに達するものもあり、このドローン映像からその被害の大きさを知ることができます。

Screen Shot 2017-04-04 at 21.16.44.png

 

今回公開された映像は、ドローンによる空撮がこうした自然災害時の被害状況を広範囲で捉えるのにも適しているということを示す良い例と言えるでしょう。

 

<Source>
http://www.dronedorks.net/new-zealand-earthquake-impact-drone-video/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中