ドローンの海外持ち込みは簡単だ。難しいのは飛ばすことだ。

このサイト、ぼくが海外(タイ バンコク)に住んでいるということもあり、海外のドローン事情・ニュースを扱うことが多いのですが、訪れる読者の方も、海外へドローンを持っていくことに関心を持って訪問される方が多いです。

昨日も”グアム  ドローンを持っていく”

という直球ど真ん中キーワードで来た方がいらっしゃいました。

お気持ちは非常によくわかります。

3.jpg

青い海とどこまでも続く白い砂浜。

南の島でドローンを飛ばしたらどんなに素敵なことだろう、と空想するのはドローンを持っている方であれば自然なことです。

 

グアムはぼく自身は行ったことがありませんが、仮に旅行や仕事で訪れることになった場合にドローンを持っていくことになったとしましょう。

このときぼくは直感的にグアムにドローンを持ち込むことは可能だと判断することができます。

なぜでしょうか?

今日はドローンを海外に持ち込むという点について、どうやって持ち込みが可能かどうかを確認するのかをご紹介したいと思います。

 

なぜ直感的に判断できるのか?

冒頭で書いたように、まずぼくがなぜグアムにドローンを持っていくことは可能だと直感的に判断できたのかを説明しましょう。

基本的には世界の国は2つに分けることができます。

 

ドローンを持ち込める国。ドローンを持ち込むことのできない国。

 

そして大半の国は前者、つまりドローンを持ち込める国に属します。

ではどういう国がドローンを持ち込めない国に該当するのか?


ここから先は有料記事としてnoteでノウハウを公開させていただいています。

有料とはいっても100円です。

続きをご覧になるには以下のnoteのリンクにアクセスをお願いします。(残りの文字数はおよそ3000字です。)

https://note.mu/dronebkk/n/ne0fc52f7a238

Screen Shot 2017-04-29 at 22.19.48.png

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。