DJI Sparkの持ち運びはビニール袋で決まり!

DJI Sparkの良いところは何と言ってもコンパクトなサイズ。

約8か月前に発売されたMavicが大きく思えるほど小さいです。

IMG_20170619_201229.jpg
下に見えているのがMavic

<関連記事>
DJI Spark買うならコントローラーなしをオススメする理由

 

そんなDJI Sparkの持ち運び、皆さんはどうされていますか?

専用ケースもDJIから発売されていますし、すでに持っているカバンで代用しているという方もいることでしょう。

Screen Shot 2017-06-19 at 20.23.19
DJIの純正ケース。コンボパッケージに入っている。

 

ぼくが使っているのはコレです。

IMG_20170619_200759.jpg
お気に入りのタイのカフェのビニール袋にSparkを入れたところ

そうビニール袋。

写真は実際にぼくが実際に使っている袋にSparkを入れたところですが、半透明であることに加えてちょっと厚手のビニール袋なので、中に何が入っているかちょっと見ただけではわからないんですね。

それにビニール袋だと出し入れがとても簡単。

コンビニに行くような軽装でドローンを持ち出し可能で、飛ばし終わったらこの袋にポイっと放り込んで帰る。

そんなお気軽ドローンにぴったりのカバンです。

雨が降ってきた場合は口のところを折ってしまえば中に水が入ってくることもありません。

これがスーパーの袋だとちょっとシャカシャカする+破れやすいのが気に入らないのと、あんまり中にドローンが入っているのが透けて見えてしまうと、盗難やスリの危険性が高まるのでオススメしません。

できれば少し厚手の半透明もしくは不透明ビニール袋をオススメします。

 

皆さんも自分だけのお気に入りSpark用バッグを見つけてみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。