【海外ドローントラブル】アメリカイエローストーン国立公園でドローンを墜落させたオランダ人観光客3千ドルの罰金

ちょっと古い情報ですが、これは共有しとかねばなりませんと思ったので記事化を。

類似の被害を防ぐためにも。

 

少し年月を遡ること2014年8月、アメリカの裁判所はイエローストーン国立公園の熱水泉Grand Prismatic Springにドローンを墜落させたとして、ドローンを操縦していたオランダ人観光客に対して3000ドルの罰金(およそ30万円)を課す判決を下しました。

同年には同じくドイツ人男性がやはり公園内にドローンを墜落させたとして有罪判決を受けており、1600ドルの罰金が課されています。

 

以前にも当ブログで紹介していますが、イエローストーン国立公園はNo Drone Zoneに指定されています。(詳しくは下記関連記事参照)

公園内には以下のようなNo Drone Zone標識も設置されています。(上記有罪となった2名がこのことを知っていたのかどうかは定かではありません。)

Screen Shot 2017-06-12 at 20.16.12

<関連記事>

飛ばしちゃダメ! 世界各国ドローンの標識大集合!

 

アメリカの国立公園はほとんどの公園内でドローン飛行は禁止されています。

公園を訪れる予定のある方はくれぐれも注意しましょう。

 

 

<Reference>

http://www.bbc.com/news/world-us-canada-29420039

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。