エアーズロックの美しいドローン映像

先日投稿した以下の記事でオーストラリアについて色々と調べているうちに、エアーズロックの貴重なドローン空撮映像を見つけましたのでシェアします。

<関連記事>
【海外ドローン事情】オーストラリアにドローン持ってくなら必須のアプリ

 

オーストラリアのほぼ中央に位置する世界で2番目に大きい一枚岩エアーズロック。実はエアーズロックという名前は1873年にイギリスの探検家ウィリアム・ゴスが探検行の途中で発見し、当時の南オーストラリア植民地首相、ヘンリー・エアーズにちなんで名づけたもの。(Wikipediaより)

この名称が一般的に広く知られていますが、先住民であるアボリジニにはウルルという名称で呼ばれています。

1987年にはユネスコの世界遺産にも登録され、世界中の人々を惹きつけてやまない自然遺産です。

そんなウルル、エアーズロックですが、一般に許可なしでのドローン飛行は禁止されています。

今回紹介するドローン空撮映像はエアーズロック一帯を管理するウルル=カタ・ジュタ国立公園の特別許可を得て行われたとのこと。

一枚岩を至近距離から空撮することによる迫力の映像は必見です。

 

それではどうぞ!

 

 

Screen Shot 2017-07-08 at 14.46.54.png

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。