【海外ドローン規制】オーストラリアエアーズロックはドローン飛行禁止

前回紹介したエアーズロックのドローン映像の記事の中でも言及しましたが、エアーズロックは当該地域を管轄するウルル=カタ・ジュタ国立公園の許可なしでのドローン飛行は禁じられています。

<関連記事>
エアーズロックの美しいドローン映像

実際に当国立公園のウェブサイトを調べてみたところ、やはり同じ記述を見つけることができました。

“ドローンの使用やその他のガジェット類の使用に関して”と専用の記事を設けて説明しています。

以下がその抜粋です。

Screen Shot 2017-07-08 at 15.11.16.png

ウルル=カタ・ジュタ国立公園発行のガイド
https://parksaustralia.gov.au/kakadu/pub/knp-industryupdate-31july-2015.pdf

 

これによるとドローンをはじめとするUAVの飛行はEnvironment protection and Biodiversity Conservation Regulations(環境保護と生物多様性保全のための規制)により禁止されています。

違反した場合は1,700オーストラリアドル(およそ15万円)の罰金が課せられます。

 

飛行許可の取得についての連絡先は明記されていませんが、上記ガイド記載のメールアドレスに連絡してもおそらく一般旅行客が許可を取得するのは困難(もしくは対象外になっている)と思われます。

 

エアーズロックにドローンを持って行こうと考えている方は十分ご注意を。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中