【海外ドローン事情】シンガポール ドローン検知レーダーを導入

Todayonlineにシンガポールがドローン探知レーダーを導入したとのニュースが出ていました。

これによると、ドローンを探知するシステムはレーダー技術企業Aveillant社製のもので、半径5km以内のドローンは小型のコンシューマ向けの機体も含めて検知と追跡が可能。

アジア最大の観覧車であるSingapore Flyerの近くに設置されました。

<Aveillant社ウェブサイト>
http://www.aveillant.com/

singapore flyer.jpg
Singapore Flyerの夜景

Gamekeeperと名づけられたこのレーダー。

従来の一般的なレーダーと異なり、フラッドライト(野球場などにある投光照明)のように空間を持続的に探知し、物体の位置情報と動きを3次元で捕捉可能。接続されたコンピューターにより検知された物体がドローンなどのUAVか鳥などのほかの物体かの識別まで行うことができます。

同ドローン探知レーダーが設置されたのはモナコ公国に続いて第二か国目。今後はフランスパリのシャルルドゴール空港にも導入が予定されています。

世界中で頻発するドローンと航空機関連のトラブル。

個人的にはこうしたドローン探知レーダーが続々と空港に導入され、空の安全が確保されることを切に願っています。

<Source>
http://www.todayonline.com/singapore/spore-acquires-radar-system-able-spot-small-drones-5km-away

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中