【海外ドローン規制:タイ】旅行者もご注意! 登録していないドローンの飛行は罰金&禁固刑が課されます。

最近問い合わせが増加しつつあるのでリマインドのためにも記載しておきたいと思います。

2017年10月にタイで新しく導入されたドローンの登録制度。

<関連記事>
【海外ドローン規制】タイの新ドローン登録制度登録方法をご紹介!

これまでもタイ国内でドローンを飛行する際にはタイの民間航空当局CAATからのライセンス取得が必要でしたが、これに加えて放送通信業界の管轄機関であるNBTCへのドローン登録が必須になりました。

そしてこの登録はタイ在住者のみならず旅行等でタイを訪れる人々にも適用されます。

タイでドローンを飛ばすのにはCAATからのライセンス取得に加えてNBTCへのドローンを登録してから飛ばしてくださいね、というタイ政府のメッセージです。

また登録制度が適用されるのは首都バンコクだけでなく、タイ全国です。地方やリゾート地も例外ではありませんので注意してください。

タイは近年政府がドローン規制に力を入れてきており、もともと厳しかった規制がどんどん厳しくなっていると居住者の目から見ても感じとれます。

有名なパタヤビーチもこのように例外ではありません。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。