海外ドローン規制タイ 屋内ドローン飛行は許可不要ですよ

これも時々質問される事項なので言及しておきたいと思います。

タイではドローン飛行の目的がレクリエーション目的であろうと、商業目的であろうとCAAT(タイ民間航空当局)からのライセンス取得が必要となります。

加えて都市部上空をはじめとする区域は飛行制限区域に指定されており、別途管轄当局からの飛行許可取得が必要となるのです。

しかし、こと、屋内飛行に限ってはこうした特別な飛行許可というのは必要なく、CAATのライセンスさえ取得していれば飛行可能です。もちろん飛行する建物などの所有者からの許可は必要ですが。

覚えておきましょう。

ライセンスは自動車で言う運転免許。

よってこれなしにドローン飛行はできません。屋内屋外問わずです。

屋外で飛行となると、場所がらリスクがあるため、場所に応じて飛行許可が必要です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。