DJI Mavicがプロフェッショナルドローン空撮マーケットに入り込んで来ている件

ぼくの元にはタイでの空撮依頼も来るのですが、近年変化が起こっていることがあります。

こうした空撮依頼では、機体の指定を受けることも珍しくなく、Phantom3でお願いしますとか、Inspireはありますか?といったように問い合わせを受けます。

今まではPhantom3,4といったプロシューマ向けドローンやInspireやMatriceなどのプロフェッショナル向けドローンのリクエストが多かったのですが、最近ではMavic Proを指定されることが多いのです。

最近直近であった依頼を振り返って見ても、

・養蜂場の撮影

・研究所の外観撮影

など、全てMavic proでお願いしますというものでした。

 

これは最初は結構な驚きでした。

MavicはProという接尾語がついてはいるものの、どちらかと言うとコンシューマー向けドローンに分類されるドローン。

DJIドローンプロダクトレンジの中でもPhantomの下に位置付けられるモデルです。

 

ただ、聞くところによるとMavicでドローンを知ったという方は結構多いのです。

折りたたみができるコンパクトなドローンでありながら、4K高画質空撮映像が取れるということで魅力を知った、初めてのドローンを購入したという声をちらほらと聞きます。

確かに2016年の9月にMavic Proが発表された時には各種メディアのニュースを賑わせたのも事実。

Mavicによりドローンの存在を知ったという方が所属する企業から、タイの空撮を探してぼくの元に依頼が来る、そんな流れなのかもしれません。

 

ぼくは個人的にはPhantom3や4で撮影した映像の方が好みなのですが(これは同じ4k, FHDでも撮影しても何となくPhantomの映像の方が美しく見えるのです。なぜだかわかりませんが。)、とにかくMavic Proも撮影対応可能なので、ご希望の方はぜひコンタクトしてください。

CONTACT

広告

DJI Mavicがプロフェッショナルドローン空撮マーケットに入り込んで来ている件” への1件のフィードバック

追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。