【海外ドローン規制】日本からわずか3時間半の常夏リゾート グアム

ハワイまで有名ではないけれども日本から割と近くて人気のリゾート、グアム。

日本からわずか3時間半で行くことのできる常夏リゾートはアクセス面ではとても魅力です。

Screen Shot 2018-05-13 at 13.53.04.png

世界的に有名なプーケットを有するタイと日本は最低6−7時間かかりますし、同じ東南アジアのリゾートで比較的近いことで有名なフィリピンでも日本から4時間はかかります。

こうして比べるとグアムの近さがより際立ちますね。

さて、本日はそんなグアムのドローン規制をご紹介しましょう。

 

グアムのドローン規制概要

皆さんご存知のようにグアムはアメリカ合衆国の海外領土の一つ。政治的には州に準ずる準州として位置付けられています。

よってドローン規制もアメリカのそれが適用されます。アメリカのドローン規制以外にグアムで特別に適用される規制は現在のところありませんが、将来導入される可能性もなくはありません。

またグアム国立野生動物保護区(Guam National Wildlife Refuge)内でのドローン飛行は野生動物保護の観点から禁止されています。この地区を訪れる方は注意してください。

 

アメリカFAAへのドローン機体登録が必要

アメリカのドローン規制ではドローン飛行目的が商業目的かレクリエーション目的かによらず0.55ポンド(およそ0.24Kg)以上25Kg以下のドローンの機体をFAA(米国連邦航空局)へ登録する義務があります。

そのため、グアムでドローンを飛行する際も事前にFAAに飛ばす予定のドローンを登録する必要があるのです。

FAAへの機体登録を済ませてしまえば、レクリエーション目的の飛行に当たってはライセンスなどの取得は必要ありません。

FAAへのドローン登録方法は以下の記事にまとめています。簡単ですのでグアムでドローンを飛ばす予定のある方は早めに登録を済ませてしまいましょう。

<関連記事>
FAAにドローン登録完了! 登録方法を詳細にお伝えします!

さて、FAAへの機体登録が終了したら、あとは現地でドローンを飛ばすことができるわけですが、前述した通りグアムでのドローン飛行はアメリカFAAが定める安全飛行ガイドラインに沿った飛行が義務づけられます。

以下、その安全飛行ガイドラインをみていきましょう。

FAA安全飛行ガイドライン

・400フィート、120メートル以下で飛行すること
・視界の範囲内で飛行すること
・他の航空機、特に空港近くでは飛行しないこと
・人口集中区域や人々が集まる場所上空では飛行しないこと
・スタジアムやスポーツイベントの上空では飛行禁止
・家事などの緊急事態が発生している場所近くでは飛行禁止
・酒気帯びなど通常と異なる身体影響下で飛行を行わないこと
・空域での規制や要件に十分気をつけること

と他の国々のドローン規制にも共通する一般的な内容が書いてあります。

詳細は以下の記事でも紹介していますので参考にしてください。

<関連記事>
【海外ドローン規制】アメリカでドローンを飛ばす時に必要なことと飛行ルールのまとめ

 

また当然のことながら飛行ガイドラインとは別に飛行禁止エリアも存在します。

空港周辺はもちろんのことですが、政府施設や軍事施設周辺も飛行禁止ですので注意が必要です。

加えてアメリカ国内のほとんどの国立公園ではドローン飛行が禁止されています。グアムの国立公園も例外ではありませんので、注意してください。

 

さて、ここまでグアムのドローン規制をみてきました。

実際にグアムでドローンを飛ばすという場合には上記以外の情報に加えて現地の機関に問い合わせるということも必要になるでしょう。

以下に参考になるであろういくつかの問い合わせ先を記載します。

ぜひ安全・安心の心構えでグアムドローン飛行を楽しんでください。

 

<グアム国際空港管理局>
Guam International Airport Authority
A.B. Won Pat International Airport
P.O. Box 8770, Tamuning, Guam 96931
Tel: (671) 646-0300
Fax: (671) 646-8823
<グアム国立野生動物保護区管理局>
Refuge Manager
Guam National Wildlife Refuge
P.O. Box 8134, MOU-3
Dededo, Guam 96912
Tel: (671) 355-5096, ext. 104

Visitor Services
Emily Sablan, Park Ranger
Outreach & Education Coord.
Tel: (671) 355-4008, ext. 101
Email: emily_sablan@fws.gov

 

<source>
https://www.fws.gov/refuge/Guam/visit/rules_and_regulations.html
http://dronetravel.info/australia-oceania/guam/
https://www.guampdn.com/story/news/2017/07/21/bill-proposes-drone-no-fly-zones-over-govguam-facilities/487019001/

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。