【海外ドローン規制】インド洋の真珠 スリランカ

スリランカ。

インド洋に浮かぶセイロン島に位置する島国。

セイロンという名前を聞いて紅茶を思い出す人もいるかもしれません。

そう、スリランカは過去にセイロンという国名であったこともあり、セイロンティー発祥の地でもあるのです。

また世界遺産に登録されているシギリヤロックや仏教の聖地でもあるキャンディなど歴史的な見所を誇る国でもあります。

Screen Shot 2018-06-02 at 21.52.20.png
世界遺産シギリヤロック

 

そんなスリランカでは一体どのようなドローン規制が敷かれているのか。

早速スリランカのドローン規制をみていくことにしましょう。

 

スリランカのドローン規制概要

スリランカでのドローン飛行は一般的に認められています。しかし機体重量やカメラの有無などの条件により機体の登録や飛行許可の取得が必要になる点が特徴です。

スリランカのドローン規制はCivil Aviation Authority of Sri Lanka(通称CAA)により定めらており、スリランカでドローンを使用するには以下の諸条件を満たす必要があります。

 

飛行許可の必要性

スリランカにおけるドローン飛行許可の必要性の有無は下表のようにまとめられます。

Srilanka drone.jpg

飛行許可が不要になるのは、機体重量が200g以下、もしくはカメラなどのデータを保持する機器がないドローンを地上から150フィート(約45メートル)以下で飛行、かつ私有地での飛行(所有者の許可あり)させる場合のみとなり、それ以外の飛行にはCCAからの飛行許可が必要となります。

よってほとんどのケースにおいて飛行許可が必要となるのがスリランカのドローン規制の現状です。

 

飛行許可の取得方法

飛行許可取得にあたっては以下の申請フォームを記入して、CAAへ送付する必要があります。

飛行許可申請フォーム
https://my-road.de/downloads/Sri-Lanka-Draft-Letter-to-OCDS.docx

申請フォーム送付先
aiso1@caa.lk
caiais@caa.lk
scaiais@caa.lk.

 

機体登録の必要性

さて、飛行許可の必要性の有無は上記の通りですが、許可を取得するにあたっての前提条件となるのがCAAへの機体の登録です。

飛行するドローンの重量が1kg以下の場合、かつカメラなどのデータ収集装置を装備していない場合はCAAへの機体登録は不要です。

しかしながらそれ以外のドローンについてはCAAへの機体登録が必要となります。

飛行許可と同様にほとんどのケースにおいて機体登録が必要になるという点がポイントです。

 

機体登録の方法

機体登録は以下の申請フォームを記入して、以下の送付先へEメールで送ることで申請可能です。

機体登録申請フォーム
http://www.caa.lk/images/stories/pdf/Drones/Application_for_Registration_of_Drones_Operators.pdf

申請フォーム送付先
aiso1@caa.lk
caiais@caa.lk
scaiais@caa.lk.

申請書を送ると受領した旨を知らせるメールがレファレンス番号と共に送られます。もし数日経っても来ない場合は再度リマインドするなどの対応が必要でしょう。

 

 

飛行ルール詳細

機体登録並びに飛行許可を取得したら実際の飛行規制に従って飛行を行う必要があります。

スリランカでは以下の飛行ルールが定められています。

・最高飛行高度は地上から120メートル

・都市部などの人口集中区域や人混み上空での飛行は禁止

・日中に限り飛行すること(夜間飛行は別途CAAからの許可が必要)

・視界の範囲内で飛行すること

・空港周辺での飛行は禁止(中心部からの距離制限については記載なしですが概ね半径10km以内を目安にすべきと言えます。)

・考古学的遺跡や聖域、国立公園内での飛行は禁止(別途CAAからの特別許可が必要)

シギリヤロックやキャンディなどの場所が該当します。CAAへの許可申請の他にMinistry of Defence (MOD), Department of Wild Life, Department of archeologyへの許可の申請が必要となります。最終的に飛行許可はCAAから発行されます。

・電線の下、上部での飛行は禁止

・道路や線路沿いまたはこれらの上空での飛行は禁止

・車などをはじめ操縦者が移動する物体にとどまっている状態での飛行は禁止

 

飛行ルールの詳細については以下のドキュメントにも記載されています。実際の飛行前には要確認です。

Requirements forOperation of PilotlessAircraft (Unmanned Aerial Vehicles Unmanned Aircraft Systems /Remotely Piloted Aircraft/Drones)
http://www.caa.lk/images/stories/pdf/implementing_standards/sn053.pdf

 

 

 

<Reference>
FAQ Civil Aviation Authority Sri Lanka
http://www.caa.lk/images/stories/pdf/Drones/FAQs_for_DRONES_08_11_2017.pdf

Requirements forOperation of PilotlessAircraft (Unmanned Aerial Vehicles Unmanned Aircraft Systems /Remotely Piloted Aircraft/Drones)
http://www.caa.lk/images/stories/pdf/implementing_standards/sn053.pdf

AIP Sri Lanka
https://my-road.de/wp-content/uploads/copter-files/Sri-Lanka-CAA-prohibited-and-restricted-areas-as-of-2016-10-03.pdf

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。