【海外ドローン規制】カトリック教会の総本山バチカン市国

世界でもっとも小さい国であるバチカン市国。

全世界のキリスト教カトリック教徒の指導者であるローマ教皇により統治されている国です。

地理的にはイタリアのローマの敷地内にあり、その総面積は東京ディズニーランドよりも小さく、その中にローマ教皇の住居でもあるバチカン宮殿をはじめ、サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂、バチカン博物館等が位置しています。

外国人観光客が立ち入れる場所はサン・ピエトロ広場などの一部に限られるなど、文字通り神聖なエリアです。

 ここまでの説明で大方想像はつくと思いますが、バチカン市国でのドローン飛行は禁止されています。
ぼくもイタリアを旅した時にバチカンを訪れたことがありますが、警備員があちらこちらに配備されている光景は、それまで滞在していたローマとは異なる雰囲気を醸し出していました。

 

バチカン訪問の時はドローンは自宅に置いていきましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。