タイのドローンライセンス申請書の英語版がリリース!!

 

この日をどれだけ待ち焦がれたことでしょう!

タイのドローンライセンス申請書がついに英語化され公式にリリースされました。

上のツイートの写真を見ていただくとわかるように、申請書はタイ語英語の併記となっています。

長きに渡りこのライセンス申請書はタイ語版のみだったので、非タイ語スピーカー/リーダーにはかなり申請のハードルが高かったのですが、これで現地ローカル以外の人にとっても申請が容易になることは間違いありません。

加えて、今までタイ語の申請書しかなかったためにライセンス取得をしなかった(タイではライセンスなしでのドローン飛行は違法なのですが。)人たちが今後申請するようになることが予想されます。

<関連記事>
タイのドローンライセンスの申請方法をご紹介!!

 

残る問題は申請してからライセンス発行までのプロセスの長さ。(下記関連記事参照)

これをいかに短縮化、効率化できるかで、タイのドローン活用の成熟度が決まるでしょう。

<関連記事>
Mavicのドローンライセンスを申し込み

広告

Mavicのドローンライセンスを申し込み

この記事は半分自分の備忘を目的として残しています。

2017年4月22日(土)タイ、首都バンコク。

この日ぼくはDJI Mavicのドローンライセンスを申請してきました。

なんでこんなことを記事に残しているかというと、前回Phantomのライセンスを申し込んだ時に異常に時間がかかった(5ヶ月以上!!)ので、今回Mavicのライセンス取得でその期間がどれだけ短縮されるのかを確認したいのです。

タイのドローンライセンスは機体ごとに取得する必要があるため、新しいドローンを購入した場合はそのドローンの飛行ライセンスを取得する必要があるのです。

ただし当然すでに別の機体でライセンスを取得している人は他の機体でライセンスを取得する際のライセンス発行までの期間が短くなります。

すでにPhantomでライセンスを取得しているぼくの場合、Mavicのライセンスはより短い期間で発行されるというのが論理的に考えた時の期待結果なのです。

 

ということで、本日4月22日がMavicのドローンライセンス申し込みの日。

これからあと何週間後、何ヶ月後にライセンスが発行されるのか、モニターしていきます。

結果は当サイトで報告しますので乞うご期待!

 

タイ政府ドローンの商業飛行用にライセンス分割を検討

タイのドローンライセンスについて、アップデートを入手しましたので共有したいと思います。

知り合いのタイ人ドローンパイロットから聞いた話によると、タイ政府は現在タイ国内で発行しているドローンライセンスを商業飛行用とレクリエーション飛行用に分けることを検討しているらしいのです。(まだ公式には発表されていません。)

 

現在タイで発行されているドローンライセンスは商業利用、非商業利用双方に適用可能な1種類のみが発行されています。

一つライセンスを取得してしまえば目的問わずに使用できるので、ユーザ側からすれば便利な仕組みでありがたいのですが、これを商業飛行用ライセンス、レクリエーション用ライセンスの2種類に分割しようというわけです。

背景にある事情の詳細は定かではないのでなんとも言えません。

しかし、

・タイ国内でもドローン人気、活用が活発になるに従ってライセンスなしで商業活動を行う組織・人が増えている。

->本来はこうした商業活動に伴って発生する利益には税金が課されるべきだが、現状それを徴収する仕組みがない。よってドローンの商業用ライセンス発行には会社法人名も合わせて登録させる(もしくは法人としてのみライセンス申請が可能)ことで税を徴収する仕組みを設ける。

・商業用ライセンスは取得費用を高めに設定することで政府への収入源とする。(税金と同じような扱い。)

->今後ドローン活用がより活発になり商業活動を行う組織が増えれば増えるほど、その分の収入が政府に発生する。

<関連記事>
ドローン税が課される可能性

・世界的に高まっているドローンの安全性への懸念

->世界中でドローンが空の安全を脅かす事件が頻発しています。(詳細は下記関連記事を参照)

タイ国内におけるこうしたリスクを軽減するための施策として商業用ライセンス申請には一定時間の飛行経験を有することなどの条件を盛り込む

といった点を個人的に推測しています。

<関連記事>
【海外ドローン事情】UAEドバイが取り組むドローンと空の安全
【海外ドローン事情】カナダ ホビー目的ドローン飛行の規制を強化!!
イギリス ドローンと旅客航空機の衝突実験を計画

 

すでに企業名義でのドローンライセンス発行はストップされているというようですので、政府からの公式発表も近いのかもしれません。

 

今後の動向に要注目です。

更新はこのウェブサイトで発信します。

 

<関連記事>
タイのドローンライセンスの申請方法をご紹介!!

タイのドローンライセンスの申請方法をご紹介!!

今回はタイ政府が発行しているドローンライセンスとその申請方法をご紹介します。

タイではドローンのライセンスはタイの航空管轄当局であるタイ民間航空当局CAAT(Civil Aviation Authority of Thailand)が一括して承認・発行しています。

ライセンスの有効期間は発行された日から2年間です。2年目を超える場合は延長手続きが必要になりますので期限切れに注意が必要です。

 

thailand licence.jpg

thailand drone licence2.jpg

 

申請方法は主に2つ。

1つ目は自分で各管轄省庁に出向き書類を提出。この場合は確か3つ(不確か)の省庁を訪問してそれぞれ書類を記入・提出必要があります。それぞれの組織によって管轄している内容・書類が異なるため、別々に訪問する必要があります。

ぼくは自分でこの方法で応募したことがないので詳細は不明です。

 

2つ目はライセンスの申請代理店に依頼して申請を行うことです。ぼくはこの方法で申請を行いました。

代理店の場所は下記です。ドローン保険の申し込み場所と同じです。

<関連記事>
タイのドローン保険詳細  申し込みできるのはココ!!

 

受付は平日並びに土曜日の午前中です。

 

問題は申請から発行までに異常なまでの時間がかかること。

おそらくタイのドローン利活用を進めていく上での最も大きな課題の一つでしょう。

このあたりの事情はまた別途紹介したいと思います。

 

チェコでドローンパイロット養成スクールが開校

チェコ第4の都市であるプルゼニ(Plzen)市にあるThe Western Bohemian University(ZCU)はチェコで初めてドローンおよびUAV専攻コースを開講することを発表しました。

プルゼニ市は幅広い分野に渡ってドローンを活用していくことやドローンテクノロジーをサポートしていくことを検討しており、ドローンの開発と製造を担うドローンセンターのオープンも予定しています。

今回新しく設けられたドローン専攻コースでは、デザイン、操縦方法をはじめ関連する法規や航空理論といった幅広い分野で生徒を獲得することを視野に入れています。

プルゼニ市のZrzavecky市長は、チェコ初のドローン専攻プログラムはZCUの技術面での優位性を高めるとともに、技術教育のさらなる機会を創出することにも繋がると述べています。

実はプルゼニ市はチェコ国内で初めてチェコの航空当局からドローンの使用に関する許可を得た都市でもあり、地方自治体が所有する物件の管理や、洪水や火事といった災害時に活用をしています。

 

チェコのみならずヨーロッパでドローンの知識を体系的に学びたいという方には選択肢の一つになり得ますね。

 

<Source>
http://www.praguemonitor.com/2017/01/30/first-czech-university-offer-studies-drones
http://www.praguemonitor.com/2015/08/24/plze%C5%88-first-czech-town-use-drones
http://www.caa.cz/index.php?lang=2

オンライン学習サイトUdemyでドローン学習コースが大セール中!!

あけましておめでとうございます。

新年といえば、皆さんは新年の抱負、もう決められたでしょうか?

 

以前ご紹介したオンライン学習サイトUdemyで新年の抱負プロモーションと題してドローンレッスンのコースが大幅値下げ中です!

<関連記事>
オンラインアカデミーUdemyでドローンの基礎を学ぼう!!

 

このプロモーション、ほとんどすべてのコースがなんとたったの10ドル、約1000円という超お買い得セール。

新年の抱負を後押しするためににくいことをやってくれます。

udemy drone.jpg

 

こちらがドローン関連のコース。

ぼくが以前受講した”DRONES: How to tell aerial stories(空撮のストーリを語るには)”もたったの300THB(1000円)です。

こんなに安くていいのでしょうか?

 

udemy drone2.jpg

 

Udemyのオンラインコースは一度購入してしまえば一生涯何度でも視聴することができます(!!)ので、迷っている方もこの機会に購入だけはしておくことを強くオススメします。

僕はこの機会にドローン含め3つのコースを購入してしまいましたが、それでもたったの3千円ぽっきりです。

ホント、こんなに安くしてしまって良いのでしょうか?という感じです。

 

2017年1月10日までの期間限定ですのでお見逃しのないよう!

 

タイ バンコクでDJIドローンの資格が取れるのを知っていましたか?

先日タイのドローン保険事情を詳しく紹介した記事を投稿しました。

<関連記事>
タイのドローン保険を申し込みできるのはココ!!
この記事の中でドローン保険提供している会社Drone Thai Insuranceを紹介しましたが、実はこの会社ドローン操縦のトレーニングも提供しています。

受講修了者には操縦技能証明書も発行してくれますよ。

こちらがぼくが取得した実際のもの。

drone certificate.jpg

 

同じドローントレーニングを以下ワークショップでも受講可能ですので、興味のある方はぜひ記事内の応募フォームから申し込みをお願いします。

ドローンの基本操縦とカメラワークを学ぶワークショップ@バンコクを開催します!