The Lost City of Chernobyl

 

DJIは自社新製品のプロモーションにYoutubeを使用しているだけでなく、DJI製品が撮影に使用した各種プロジェクトの紹介も行っている。

この動画は1986年に発生したチェルノブイリ原子力発電所事故の事故後の様子を追いかけているドキュメンタリー映像作家Philip GrossmanのHalf livesプロジェクトの一つ。事故から約30年経った今でも大惨事の傷跡が生々しく残っている。破戒された巨大な構造物。打ち捨てられた学校や遊園地。脱ぎ捨てられた作業服。一方で事故からの復活の象徴の様に草木が鮮やかな色を持って生い茂っている様子も見ることができる。

 

撮影機材はDJI Phantom3 Professional, Ronin, Inspire

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。